中学受験のモチベーションは塾の先生のおかげ

3月 26, 2015 by admin
小学校5年生から子供を中学受験の塾に通わせ始めました。周りの子は、早い子では小学校3年生から通っている子もいました。うちの子は、学校の成績はそこそこで受験をするか迷いましたが、私立中学では子供の良い所を伸ばす教育をしているので、子供の将来のためにも中学受験を決意しました。親の決断だったので、子供はよく分からないままに塾に通うようになりましたが、塾の先生が親身になって教えてくれるし、塾では小学校の違うお友達ができて世界が広がって楽しみながら勉強していました。

小学校6年生になると中学受験の勉強がシビアになっていき、平日夕方には授業、土日には模試を受ける、勉強漬けの毎日になっていきました。同じ学校を目指す友達と励ましあいながら勉強を続けていました。受験日は真冬の風邪をひきやすい時期なので、親は子供の体調管理と栄養を付ける食事を与えてあげることだけでしかサポートできませんでしたが、塾の先生やスタッフの方はいつも子供に声掛けしてくれて、受験に受かるかどうか不安に思った時期も、模試の成績が芳しくなかったときも励ましてくださいました。先生方の応援があったからこそ、遊びたい気持ちを抑えて勉強に集中できたのだと思います。

Sorry, the comment form is closed at this time.