中学受験では塾の先生のサポートが厚く楽しみながら勉強していた

3月 26, 2015 by admin
中学受験をすることを決めたのは子供が小学校5年生の時でした。同級生の中にもちらほら中学受験対策で塾に通い始める子が出てきたし、本人も友達と一緒に塾に通いたいと言い出したので、受験準備を進めることになりました。塾に入ると、クラス分けテストがあって、子供の学力に合わせたクラス編成が行われます。クラス別でその子に合った進度で授業を進めてくれるので、授業についていけない、物足りないということがないのが良いところです。定期的に行われるテストでクラス替えがあるので、モチベーション維持にも繋がっていました。成績上位者は名前が載るので、予習復習にも一生懸命取り組むきっかけになりました。分からないところは授業の前や後に講師室に行って先生に質問できます。先生はいつも親身になって教えてくれるし、気にかけてくれているので、塾にも自分の居場所を見つけたようで楽しみながら通い続けられました。

中学受験シーズンが近づくと模試が始まり、子供の偏差値が分かります。模試の時に志望校を指定しておくと、合格可能性が%表示で出るので、本命校まであとどれくらいなのかの指標になって、その他にもチャレンジ校や滑り止め校の検討にも役立ちました。

Sorry, the comment form is closed at this time.